2018年、インバウンドで人気になった都道府県はどこ?

 

こんにちわ!スタッフのやっちです。今日は2018年にインバウンドに人気になった都道府県を紹介して行きたいと思います。

昨年に伸び率が上昇した県は、今年も注目に値すると言えます。ぜひビジネスチャンスに繋げてみて下さい!

 

2018年に人気になった都道府県は「鳥取」「福島」「岩手」

 

楽天トラベルは、2018年1月1日から12月31日までの楽天トラベル外国語サイト経由の人泊数をもとに「2018年インバウンド人気上昇ランキング」を発表しました。

それによると、前年同期比で伸び率が高くなったのは

 

5位:山形県

4位:新潟県

3位:岩手県

2位:福島県

1位:鳥取県

 

となりました。

 

鳥取は「アニメ」「砂丘」福島は「風景」岩手は「スキー」

 

3位からそれぞれを詳しく見て行きましょう。

 

3位である岩手県はインバウンドの宿泊数が前年同期比139.4%の増加、特に台湾からの宿泊客が好調だったそうです。人気の理由は「スキー」。スキーなどのスノーアクティビティは外国人から人気があり、岩手の安比高原スキー場ではソリなどのアクティビティも拡充したことが功を奏したようです。

 

2位である福島県は前年同期比184.6%の増加で、東アジアの中国や台湾、東南アジアのタイなどで話題になりました。人気の理由は「風景」で、会津若松駅~小出駅を走る電車は「世界で最もロマンティックな鉄道」と人気になったそうです。また福島・二本松エリアと呼ばれるところは桜の名所としても知られているようです。

 

そして1位である鳥取県ですが、前年同期比で189.6%の増加、多くの外国人旅行者から人気を集めたようです。その人気の秘密には「アニメ」と「砂丘」があります。まずアニメに関して、鳥取県には「鬼太郎」空港、「コナン」空港の愛称で親しまれる空港があるそうです。特に「名探偵コナン」は、作者の出身地にあたる場所に記念館もあり、知名度だけでなく観光スポットにもなっています。そして砂丘ではパラグライダーなどのアクティビティの拡充が図られていて、観光客を集めています。隣県とも協力した周遊ルートを紹介したり、県の存在を広める施策を多く行った結果と言えるでしょう。