外国人に勧める2019年に訪れるべきスポット10選

 

こんにちわ!スタッフのやっちです。2018年も残りわずかとなりました。しかし新年になったとしても、日本を訪れる外国人がいなくなるわけではありません。つまり2019年に向けて、オススメスポットやイチオシスポットを把握しておくことも重要なのです。というわけで今日は「外国人が2019年訪れるべきスポット」のランキングを発表して行きたいと思います。

・“外国人が外国人に勧める”観光地ランキング

今回、参照にしたのは「ガイジンスポット(GaijinPot)」というサービスを運営する株式会社ジープラスメディアが発表した内容です。同社は外国人向けに情報発信やサービスを提供しており、ライターにも外国の方がいます。そして、その方々の声を参考にランキングが作成されました。

最初に10位から3位までの順位を発表すると、

10位 静岡県西部
9位 房総半島
8位 鶴岡市
7位 三重県
6位 みちのく潮風トレイル
5位 甲州市
4位 小豆島

どなりました。

・外国人に勧める観光地 3位:代官山 2位:福岡市 1位:鳥取県

ではベスト3の発表です。
同ランキングで、3位に選ばれたのは東京の代官山です。都市の中にありながら、ほかの渋谷などのようにわちゃわちゃしていない、洗練された雰囲気がオススメポイントとなったようです。
そして第2位は福岡市。福岡市はスタートアップの街として近年注目が集まっており、その成長性が評価されたようです。また交通の便が良い点や、7月には博多祇園山笠というお祭りもあり、進化と伝統が楽しめる街というのも理由に上げられていましたね。
最後に第1位はなんと鳥取県。鳥取県といえば”鳥取砂丘”が浮かぶかもしれませんがもちろんそれも理由の一つで、ドライブでの観光などが推奨されています。
また鳥取は”名探偵コナン”作者の出身地で「コナンの聖地」とも呼ばれており、そういったアニメ効果なども評価されたようです。
そして、実は鳥取には、HISやカナダのツアー会社などがツアー企画をしているという背景があるのです。言葉の壁がまだまだ大きい日本で、ツアーを介して巡ることができるとなれば安心して訪日外国人の方々も観光を楽しめるでしょう。