日本の対インバウンドキャッシュレス決済 paypayとLINE Pay

 

こんにちわ!スタッフのいけっちです。諸外国に遅れて、日本でもキャッシュレス化推進の波が押し寄せています。そんな中で訪日客向けにサービスを拡充している事業者も多く、訪日客の決済時に不便な思いをさせないような取り組みが行われています。というわけで今日は、日本のサービスや事業者による、対インバウンドのキャッシュレス化の取り組みを紹介します。民泊事業者も多くの決済サービスを知り、対応できる決済方法の種類を広げれば、ゲストに煩わしい思いをさせずに済みます。そしてそれはゲストのレビューや満足度にもつながるはずです。

LINE PayがWeChatと提携

LINE Payは中国最大のSNSアプリ「WeChat」を展開するテンセントとの業務提携を発表しました。この提携により「WeChat Pay」ユーザーは、日本を訪れた際にはLINE PayでのORコード決済が可能になるそうです。ちなみにサービスの開始時期は2019年早期としています。
LINEはこれまで日本のみならず、台湾やタイ、インドネシアでサービスを展開し、LINE Payも同様に普及させて行きました。そして今回の業務提携によりWeChat Payを使用する中国人ユーザーへの利便性も向上することになります。
中国や台湾は訪日外国人観光客数のなかでも上位3ヶ国のうち2つ、インバウンド市場におけるキャッシュレス決済では大きな前進をしたと言えるでしょう。

PayPayはAlipayとサービス連携

またソフトバンクとヤフーの合併会社であるPayPayは「Alipay」とのサービス連携を発表しました。Alipayは中国国内で7億人以上のアクティブユーザーを抱える決済サービス。この連携により、来日したAlipayユーザーがPayPayのQRコードを読み取って決済を行うことが可能になるそうです。
PayPayは10月にサービス提供を開始したばかりですが、合併元企業はどちらも国内大手。今後の日本のキャッシュレス化を普及させていく存在になるでしょう。先日のニュースでは東京墨田区の商店街約300店舗にPayPayサービスを導入させるという試みをスタートさせたようで、インバウンド決済においても一役買うことになるはずです。