伸びに転じた!10月の訪日外国人観光客数

 

こんにちわ!スタッフのやっちです。2018年9月の訪日外国人観光客数は5年8ヶ月ぶりのマイナスに転じ、観光業界や民泊業界に衝撃が走りました。しかし、該当月は大きな災害に見舞われたこともあり、一過性のものだという見方もありました。そんな9月を過ぎ去った、翌10月の訪日外国人観光客数はいったいどうなったのでしょうか?詳しく見て行きましょう。

10月は264万1千人!前年同月比で1.8%の増加

2018年10月の訪日外国人観光客数は264万1千人となりました。これは2017年の259万人を上回る数字で、前年同月比1.8%の増加、10月としては過去最高を記録しました。日本政府観光局(JNTO)はこの要因を欧米豪市場の好調さ、クルーズ船需要、訪日旅行プロモーションの成果としています。市場別で見てみると、中国やタイ、欧米諸国、ロシアなど16市場で10月の過去最高を記録したほか、ベトナムやイタリア、ロシア、スペインに関しては、10月時点で昨年1年間の数字を超えたとのことです。

東アジア市場が占める割合は少し下がった

10月の統計を見てみると、東アジア市場が占める割合がやや減っています。2017年10月の東アジア市場(中国、韓国、台湾、香港)の割合は72.3%なのに対し、2018年10月は69.5%となっており、多少の変化が見られます。実はこの背景には「昨年は10月にあった連休が今年は9月下旬にズレた」ことが挙げられていますが、それでも全体に悪い影響が無く、さらに前年比で数字が伸びていることは、日本にとって喜ばしいことだと言えます。
なぜなら、東アジア以外の市場が伸びることで、中国人観光客や台湾人観光客といった母数の大きな国への依存が無くなるからです。現状ではまだ東アジア市場は大きな割合ですので、依存脱出とは言えません。ですが、今後もこのような割合の変化が起きつづければ、中国や台湾だけでなく、あらゆる国から訪日客がやってきているということになり、訪日客数の安定につながり、ひいては民泊事業のビジネスチャンスも広がるでしょう。