QUALITYお仕事日記60―Instagramの活用で物件と観光情報をアピール

 

こんにちは、スタッフの高橋です。
民泊サイトでの物件のアピールのために写真が大事……という話はもはや当たり前ですが、「その物件に泊まったらどんな体験ができるか」というのをAirbnbサイトだけでなくアピールするのに活用したいのがInstagramです。

写真で直感的に訴えることができるので、文章を書いたり、外国語対応が苦手な方でも大丈夫。投稿・削除もスマホで簡単にできるので、もちろんキレイさも大事ですが、Airbnbサイトのようにプロカメラマンに頼んで……というような気負いは不要。

Instagramでアピールしたいことは大体以下の通り。

・部屋の外観・内観:全体像+インテリアのこだわりポイントや部屋に置いてある可愛い小物など
・観光スポット:リスティングから行ける観光スポットの写真。
・近隣のグルメスポット:実際の料理などを撮影

写真キャプション #(ハッシュタグ)をつけることで、その物事に興味のある人が検索しやすいようにしておきましょう。#民泊 #airbnb #gesthouse #(地名)#(地名)グルメ #(観光名所) #(地名)カフェ などなど、民泊だけでなく、その地域を連想させるハッシュタグは必須です。

Instagramの具体的なアカウントをいくつかピックアップして見てみましょう。

◆IRORI Hostel & Kitchen TOKYO
https://www.instagram.com/irorihostel/

東京のホステルです。ホテルの施設や観光名所のほかにも、ゲストとの写真や変わったところではコンビニのサンドイッチなど「外国人が珍しがる日常」を集めています。

ホステルの朝食(純和食)が掲載されていますが、 たとえばこちらを近所の「やよい軒」や「大戸屋」といったチェーン店の定食メニューなどを掲載しても面白いと思いますよ。

◆大泉寺(daisenji)
https://www.instagram.com/daisenji.lodge.ing_kyoto/

なんとお寺のインスタアカウント。
こちらのお寺は宿坊を民泊として開放しており、Airbnbにも登録されています。
宿坊の様子や、京都の街並み、アニメや漫画に至るまで幅広い興味を満たしてくれる投稿です。

◆民泊コンドミニアム青い山脈
https://www.instagram.com/michiosunagawa/

沖縄で個人で民泊を営む方のアカウント。民泊運営のつぶやきのほか、沖縄料理が多数紹介されており、地元ならではの目線のキャプションにも注目です。

Instagramの開設は無料ですし、ブログサービスよりも更新がしやすく、利用しない手はありません。
ぜひアピールツールの一つとして活用して下さいね。