まだまだ増える中国人!2018年7月の訪日外国人数!

 

こんにちわ!スタッフのやっちです。毎月発表される月別の訪日外国人観光客数ですが、2018年7月も注目すべき数字となっています。この数字と言うのは民泊事業をやりたい人、興味がある人にとっては大事な指標となります。市場規模を測る目安にもなるほか、ターゲットの選定に使用したり、月別の客層の違いを把握することにもつながります。というわけで2018年7月の訪日外国人観光客数について、今日は紹介していきます。

2018年7月は前年同月比5.6%増の283万2千人!

JNTO(日本政府観光局)の発表によると、2018年7月の訪日外国人観光客数は283万2千人となりました。ちなみに2017年同月は268万人で、今年は同月比5.6%の増加となっています。そしてこの数は7月としては過去最高を記録したとのことでした。
増加率は少しずつ少なくなってきているようです。しかし、毎年微増を続けているという点は重要です。仮に日本そのものが不人気になってしまったり、大きな災難に見舞われた場合はこの数は減少します。また数の安定はリピーターが多くいることを表してる可能性もあります。いままでのように物珍しさや新鮮さを売りにしていくのではない違ったアプローチが必要になってくるころなのかもしれませんね。

市場別の訪日外国人観光客数

訪日客数を市場別で見てみると、中国が単月として過去最高を記録したほか、15の市場(台湾、タイ、シンガポール、フィリピン、ベトナム、インド、オーストラリア、アメリカ、カナダ、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、ロシア、スペイン)からの訪日客が7月としての過去最高を記録しました。
この結果から特に驚くべきなのは”中国、単月として過去最高”の点です。街中で中国からの観光客を見る機会は数年前に比べて非常に増えました(筆者は京都在住)。それでもなお、過去最高を記録した今月があるのですからまだまだ増える中国人と言っても過言ではありません。さらに6月には大阪・京都で地震、7月には西日本で豪雨という災害に見舞われたにも関わらず全体の数は微増になり、市場別でも過去最高を多く記録しています。このことから、日本という国の人気はまだ健在であると言えるでしょう。