QUALITYお仕事日記58―人気インテリアのトレンドを参考にしてみる その2

 

こんにちは、スタッフの高橋です。
先週から引き続き、「Pintarest」のインテリアトレンドから、お部屋作りに参考になるヒントをチョイスしていきます。
(3)モノトーンにゴールドを利かせて

https://www.pinterest.jp/pin/795448352906698624/
やはり根強い人気があるのはモノトーン。すっきりとシンプル、そしてモダンな雰囲気を醸し出してくれます。
黒と白だけだと冷たい雰囲気を与えるので、前述のビビッドカラーやゴールドを差し色として活用してみてください。
(4)「何もしない」空間を作る

https://www.pinterest.jp/pin/128704501830365724/
インテリアをやりはじめるとついあちこちに物を置いたり、空間の隙間を活用したくなりますが、ちょっと待ってください。
ゲストがリラックスしたり、瞑想したりする空間を、あえて作ってみましょう。
(5)「観葉植物」の取り入れ方

https://www.pinterest.jp/pin/392094711299869574/
部屋にグリーンがあると、その空間の雰囲気がぐっとくつろげる感じに。
ですが、観葉植物の状態をキープするのは大変です。最近では精巧な模造グリーンもあります。私も部屋に飾っていましたが、ほこりが溜まりやすいのが難点。
清掃の方にしっかり引き継ぎをしていただく必要がありますね。
さて、そんな中で手軽に観葉植物を取り入れやすいのが「壁紙」「ファブリックパネル」「カーテン」「ラグ」などです。

https://www.pinterest.jp/pin/283093526549442019/
ボタニカル柄の「ウォールステッカー」も最近は様々な種類があっておすすめ。
ただし、本物の質感にはかなわないまでも、それなりの質のものを選ぶのがコツです。価格ばかりにとらわれると、とたんに部屋が安っぽい感じになってしまいます。
(6)「ワークスペース」を作る

https://www.pinterest.jp/pin/197032552418855037/

最後におすすめしたいのが、部屋に「ワークスペース」を作っておくことです。
私が最初に担当した物件での失敗談なのですが……「和」の心を大事にし過ぎて、椅子とテーブルを置かずに、座布団とちゃぶ台(の高さのテーブル)のみにしたところ、ゲストから「椅子がないと不便」というお言葉を頂戴したことがあります。
外国からのゲスト、特に家の中が土足の文化圏からのゲストは、そもそも地べたに座る習慣がないことと、PCをお持ちの方の割合が高いので、机と椅子-特に椅子はマストだと感じました。

私たちも、基本コンセプトはあれど、お部屋に合わせてインテリアを常に試行錯誤しています。今回挙げた例が、今後のリスティングの参考になれば幸いです。

https://www.pinterest.jp/pin/771382242400657784/
ファブリックパネルは布を購入して自作することも可能。その分布に予算を割くことができるので一番おすすめです。
https://www.rakuten.ne.jp/gold/cortina/feature/14.html