訪日客のコト消費の傾向とは?日本のアクティビティ&ツアーランキング3位から1位!

 

こんにちわ!スタッフのやっちです。先日もお伝えした通り、最近のトレンドは「コト消費」、つまり日本に来る外国人の多くは普段では味わえないような体験を求めているということです。というわけで、最近の訪日外国人が好むコト消費とはいったいどのようなものなのか、2017年~2018年のデータをもとに調べてみたランキングを発表します。今回は3位から1位までをお伝えしましょう。

3位から1位はちょっと変わった?体験!

ランキングは前回に引き続きトリップアドバイザーを参考にしました。このデータは2017年4月から2018年3月の間に日本の「ツアー&アクティビティ」の中に寄せられた口コミをもとに集計が行われています。
そのランキングによると、
第3位:ユカズジャパニーズクッキング・料理体験(東京)
第2位:アキバフクロウ・ふくろうカフェ(東京)
第1位:マリカー(東京)
という順位になりました。

3位の”ユカズジャパニーズクッキング”は日本の料理を体験できるアクティビティです。そのなかでも餃子やラーメンなど日本の家庭料理が人気の秘訣になっているようです。先週お伝えした中には茶道や華道の体験はありましたが、それよりも上位に来たのが一般家庭料理とはなかなか驚きですね。
2位のアキバフクロウはふくろうカフェのアクティビティです。こういった場所は海外にはなかなか無いため、ふくろうの可愛さが相まって人気となっているようです。それに多言語対応しているというのも大きなポイントでしょう。
そして1位はなんと”マリカー”。東京の一般道をマリオのコスプレをしてカートで疾走するアクティビティです。人気の秘訣は、まさに非日常体験そのものということでしょうか。首都の道路を走り回るなんてほかではできません。しかもアニメ・ゲームの世界に入ったかのような体験ができるわけですから、1位であることにも納得ですね。