民泊したいけど英語は・・・、そんな最近の英会話事情

 

こんにちわ!スタッフのやっちです。民泊といえば「外国人」ですよね。もちろんAirbnbの浸透や法整備が進んだいま、日本人でも利用する人は多いかと思いますが、それでもやっぱり「訪日外国人」の勢いは魅力的です。そんなときに、どうしても気になるのが語学力。英語が話せなくとも民泊は可能ですが、話せればより楽しいこと間違いありません。というわけで、今日はいま巷で話題になっている英会話事情について少し紹介していきましょう。英語が話せないから敷居が高いと思っている人、より楽しく民泊をやって行きたい人、語学は身につければ一生ものですよ?

ビジネスに特化した英会話

一般的に英会話といえば「Hello」「How are you?」から始まり少しずつ積み重ねていくものですよね。しかし、事業をやっているかたわらで、そんな悠長に習っているヒマは無いと言う人も多いはず。それならば「特化型」の英会話なんてのはいかがでしょうか?最近は英会話もバラエティに富んでいます。日常会話から接客英語、さらには不動産業界特化型の英会話なんてものもあります。不動産なんかは外資系企業が訪日ブームに沸く国内の土地や家屋を買いにきているなんて話もありますからね。(筆者は京都在住ですが、実際に東山のほうで一区画の立ち退き現場を目撃しました)一般的な英会話を習っているだけでは対応できない部分も、こういったサービスを活用すればうまく網羅することができますね。

国内留学と言う選択

「英語を学ぶなら留学を!」という人も多いはず。ですが、現実的にお金や時間の問題がのしかかってきます。そんな時には「国内留学」という選択肢はいかがでしょうか?国内留学とは「日本国内にいながら、一定期間は泊まり込みで英語漬けの環境に入る」というものです。例えば「専用の宿泊施設で2泊3日」や「米軍基地にホームステイ」など、海外に行くことはできないけど環境を英語だけにする、ことは国内でも充分可能です。ぜひ参考にしてみてください。