春シーズン到来!2018年3月の訪日外国人情報!

 

こんにちわ!スタッフのやっちです。さて本記事を執筆しているのはすでに4月の下旬で春シーズンは終わりを迎えようかというところです。そんななかJNTO(日本政府観光局)は2018年3月の訪日外国人観光客の統計結果を発表しました。この期間でいったいどれくらいの人数が日本を訪れたのか、詳しくお伝えしていきたいと思います。

訪日外客数は260万8千人

2018年3月に日本を訪れた外国人観光客の数は『260万8千人』これは昨年に比べて40万人以上の増加、割合にして18.2%増にあたり、3月としては過去最高の数字を記録しています。最も多かったのは韓国からの観光客(約61万人)
で、それに続くのが中国(約59万人)、そして台湾(約38万人)、香港(約19万人)です。ここで挙げた東アジア圏からの観光客数だけで全体の68.9%を占めており、日本にとってこれらの国々が大きな市場になっていることは間違いなさそうです。

要因は『プロモーション』と『イースター休暇』

政府は2018年3月の訪日外客数の要因をプロモーションなどにあると分析しています。東アジア圏に向けてはSNSやインフルエンサーを積極的に活用し、プロモーションにつなげたんだとか。また特に中国に向けては、査証発給要件の緩和も行なったんだそうです。露出が増えて、かつ日本に来るハードルが下がったならば、訪れてみたくなるのもわかりますよね。そして日本ではあまり馴染みのないイースター休暇も訪日客数底上げの要因に挙げられます。昨年は4月中旬にあった休暇が、今年は3月末となったそうで、旅行需要が高まったアメリカ、ドイツ、カナダからの観光客は単月として過去最高を記録しました。その他、香港や豪、欧諸国からの観光客数も好調となっています。豪、欧米からの観光客はアジア圏からの観光客に比べて、滞在期間が長くなる傾向があります。民泊事業を行う人にとってはターゲットして狙い目ですね。アジアや日本だけでなく、世界的な休暇情報も頭に入れておくと、ビジネスチャンスを発見できそうです。