旧正月もあった2018年2月の訪日外国人観光客数は?

 

こんにちわ、スタッフのやっちです。日本を訪れる外国人観光客数はまだまだ上昇傾向にあるようで、民泊を事業として行なっている人は注目しておかなければならない数字です。というわけで、2018年2月の訪日外国人観光客数はどうだったのか、今日はそれについて詳しく調べてみたいと思います。

前年同月比23.3%増

2018年2月の訪日外国人観光客数は前年同月比23.3%増の250万9千人という数字になりました。2017年2月は203万6千人だったため約47万人の増加となり、この数は2月としての過去最高を記録したんだそうです。JNTO(日本政府観光局)によると、要因としては航空路線の増便やクルーズ船需要の増加、訪日プロモーションなどが功を奏したほか、2017年は1月末にあった中華圏の旧正月休暇が今年は2月となったことも影響があったとのことです。そして市場別(訪日観光客数が多い国)で見てみると、20市場のすべてで2月としては過去最高になりました。この結果には訪日機運の高まりや露出の増加といった背景があるとJNTOは分析しています。

各市場では東アジア!伸び率トップも中華圏!意外な国も・・・

今回、市場別で見て特に訪日外国人観光客数が多かったのが中国、韓国、台湾、香港。なかでも中国からの訪日客が前年比で40%以上の伸びを見せています。同様に華人や中華圏の人が多いシンガポールやマレーシアからの訪日客も30%以上の伸びがあるため、旧正月のパワーを感じてしまいますね。また、アジアから遠く離れたヨーロッパの国、あまりイメージのないイギリスにもそのパワーは波及しています。イギリスには有名なチャイナタウンがあり、チャイニーズニューイヤーにはそこでパレードが行なわれたりするのですが、同時に休暇を取る人も多いんだとか。そのためか2018年2月のイギリス人訪日観光客は前年同月比25.5%増の23900人。これは2月としての過去最高を記録しておりました。世界の祝日情報にも目を向けると、より効果的な集客が行なえるかもしれませんね。