2017年を総括!12月の訪日外国人観光客数を含めて昨年1年はどうだった?

 

こんにちわ、スタッフのやっちです。日本政府観光局(JNTO)が12月の訪日外国人観光客数のデータを出し、それにより2017年の一年間を通した総括も発表されました。昨年を振り返りながら、来年はどんな市場や国の訪日客に期待ができるのか、詳しく見ていきたいと思います。

12月は252万人!前年同月比23%増!

まず、2017年12月の訪日外国人観光客数について、日本政府観光局が発表したデータに基づいて見ていきましょう。この月の訪日客数は252万1000人で、この数字は12月としては過去最高、前年の205万人を45万人以上も上回り、前年比23.0%の増加となりました。政府によると、市場別に見て韓国、シンガポール、マレーシア、インドネシアが単月として過去最高の数字、その他16市場は12月としては過去最高の数字になったんだそうです。
確かに12月はクリスマスや年末と長く休暇を取れる時期ですし、温暖な国では珍しい雪が降るシーズンでもありますから、数字が高くなるのも納得できますね。

2017年は2869万人!前年比19%増!

そして、2017年を年間通して見ていくと、訪日客数は2869万人。これはもちろん過去最高の数字で、前年の2403万人と比べて19.3%の増加になっています。その内訳で特に着目すべきは東アジア4市場(韓国、中国、香港、台湾)で、このエリアからだけで2129万人もの訪日客があり、全体の70%以上を占めているとのことです。その他、伸び率で顕著な市場がインドネシア、フィリピン、ベトナム、そしてロシアです。それぞれ前年比の客数伸び率が20%~30%、ロシアに至っては40%と、来年再来年の動向が気になる国々ですね。

2017年は3000万人には届きませんでしたが、新興国の台頭が著しいものとなりました。来たるオリンピックに向けてインバウンド市場、そして民泊市場の活性化につながってもらいたいところですね。