QUALITYお仕事日記25―世界で一番のAirbnbオーナーは?

 

こんにちは!スタッフの高橋です。

今回はAirbnbトップオーナーが一体どれだけの収益を上げていたのかというニュースが入ってきましたのでお伝えします!

 

1.1位はロンドンのオーナーで物件数はなんと881軒!年間約17億8500万円!

 

驚異的な数字なのですが、1位のオーナーはロンドンの方で、881軒の物件を管理し、1年間で1190万ポンド(日本円で約17億8500万円)の収益を上げていたということがニュースになっています。

http://www.telegraph.co.uk/travel/news/airbnb-top-earnings-cities-landlords/

 

こちらはドル表記ですが、主要都市のトップオーナーたちの物件数と収益をあらわしています。

ロンドンに続いて、バリ島の504軒、1億5500万ドル(日本円で約17億3600万円)、ケープタウン114軒760万ドル(約8億5000万円)、ハバナ132軒690万ドル(約7億7300万円)、シドニー245軒410万ドル(約4億6000万円)、パリ82軒400万ドル(約4億5000万円)……

もちろん個人で数百件もの物件を管理はできません。これらは全て不動産管理会社が組織立てて管理しているのです。現在、個人と法人の比率は65%:35%だそうですが、後者にシフトしつつあるのが現状とのこと。さらに、個人名での登録でも弊社のような代行会社が絡んでいる場合もあるので、実態は法人の数がどんどん伸びているのだとも言えるでしょう。

 

そして、この図を見ていると、物件数と収益について都市で特徴がみられることが分かります。

1位のロンドンと2位のバリは収益は10万ドル差ですが、物件数は377軒の差。つまりバリ島のリスティングは単価が高いといえます。

この数字はあくまで売上であり、ここから人件費などの諸経費とAirbnbへの手数料を控除したら、物件数を考慮すると、利益はバリがトップになるのではないかなと思います。

 

2.Airbnbの平均収入が高い都市はどこ?

 

次に気になるのが、年ごとの平均収入です。

一体どの都市でAirbnbをするのが良いのでしょうか?

実は1位はバリで、1人当たりの平均収入が40000ドル、2位に東京が36000ドルで食い込んでいます。

 

トップホスト(会社)のあるロンドンは約21000ドル。

Airbnbによると、ロンドンの平均的な個人ホストは自宅で月に3泊程度ゲストを迎えているとのことなので、トップは抜きんでていますが、ほとんどの個人は自分の生活のペースに合わせてAirbnbホストを行っている模様です。

 

この調査は“過去1年間で”とあるのですが、どこからどこまでの統計なのか定かではありませんでした。

ロンドンは本年よりAirbnbの年間貸出日数が、日本の民泊新法の半分の日数である年間90日までと制限されており、今後この統計がどのように変化するのか注目です。

 

(文中の内容はThe Telegraphより)

http://www.telegraph.co.uk/travel/news/airbnb-top-earnings-cities-landlords/