また過去最高!2017年10月の訪日外国人観光客数!

 

こんにちわ、スタッフのやっちです。訪日外国人観光客数は一向に減少する気配がありませんね、9月に続き2017年10月も過去最高の数を記録しているんだそうです。今日はそのことについて詳しく見ていきたいと思います。

 

前年同月比21.5%増の259万5千人

 

JNTO(日本政府観光局)によると2017年10月の訪日外国人観光客数は259万5千。これは前年同月の213万6千人からおよそ46万人増、比較して21.5%の増加で、10月としては過去最高を記録したんだそうです。政府は要因として「東アジア市場の祝日のズレによる連休」「航空路線の拡充」「訪日クルーズの増加」「訪日旅行プロモーションの成果」などを挙げています。さらに市場別で詳しく見ていくと、ロシアからの訪日客が単月として過去最高、カナダ、ドイツを除く17市場が10月として過去最高を記録しているのと、1月から10月までの累計で香港、ベトナム、インドネシアからの訪日客がすでに昨年の年計を上回っています。いかにインバウンドが右肩上がりで推移しているか、そして10月に多くの人が日本を訪れたかがわかりますね。

 

7~9月期の民泊利用者は12.4%

 

また観光庁は、訪日客の7~9月期における宿泊施設利用動向調査の結果も公表しました。同期のアンケートには、以前まで「その他」に含めていた「有償での住宅宿泊」という選択肢項目を初めて追加したんだそうです。結果として、その割合は全体の12.4%となり、国籍地域別としてはシンガポール・フランス・インドネシア・オーストラリアの順に多く、年代は20代以下の若年層、都道府県訪問率は大阪、京都が高いといったことが判明しました。また「有償での住宅宿泊」利用者と非利用者を比べた際に、交通手段はLCCといったことや、滞在日数が長いといった結果を見ることもできたそうです。住宅宿泊事業法、つまりは民泊新法の施行を前にして、より細かいデータを見れるようになりましたね。これらをフルに活かして事業を行っていきたいところですね!