9月の訪日外国人観光客数は前年同月比18%増!

 

こんにちわ、スタッフのやっちです。2015年、2016年と訪日外国人は増加傾向が非常に顕著でした。その流れを汲み、本年である2017年も順調に推移しているようですね。今日はそんな2017年の9月、秋シーズンの始まりでもあるこの月の訪日外国人観光客数について詳しく見ていきたいと思います。

 

9月の訪日外国人観光客数は前年同月比18%増の228万人!

 

まず、日本政府観光局が発表した2017年9月の訪日外国人数は228万人でした。昨年の同期は191万8千人だったので、前年同月比18%の増加ということになります。

7月、8月に続き、この228万人という数は同月として過去最高の数字。毎月のように新しい記録を作っていっていることになりますね。

また1月から9月までの訪日外国人観光客数を合計した結果、その数は2119万6千人となり、残り3ヶ月を残しながら年間2000万人を突破したそうです。もちろんこの到達スピードも過去最高になります。

 

9月はどの国の人が多く訪れた?

 

同局が発表したデータをもとに、最も日本を訪れた国籍の人々の数を調べてみました。まず第1位は中国、人数は67万8千人です。続いて第2位は韓国、55万6千人。そして第3位は台湾で、34万7千人となっています。日本から距離が近いアジア圏がやはり上位を独占していますね。その他の地域に限ってみて見ると、1位はアメリカ、10万人。2位がオーストラリアで、4万3千人。3位はイギリスで2万7千人となります。

政府は2017年9月の振り返りとして「航空路線の拡充」「訪日クルーズの増加」がこの数に結びついたのではないかとしています。しかし、その一方で「韓国や中華圏にある旧盆休暇、中秋節の祝日」が10月に動いたため、あまり伸びないのではという見通しもあったそうです。それすらもはねのけて9月は過去最高を記録したのですから、次に来たる10月にはさらなる期待をしてしまいますね。