単月で過去最高とアツい!2017年7月の訪日外国人数の速報!

 

こんにちわ、スタッフのやっちです。お盆が終わり肌寒い秋が近づいてくる季節ですが、インバウンドはまだまだアツいですね。

政府の発表によると2017年7月の訪日外国人観光客数は単月として過去最高を記録したそうです。今日はそのことについて詳しく見て行きたいと思います。

 

268万人もの外国人が日本を訪れた!

 

日本政府観光局の発表によると2017年7月に日本を訪れた外国人観光客の数は268万人2000人で、前年同月比で16.8%の増加、単月としては過去最高の数字なんだそうです。

政府はその要因を夏期休暇シーズンで旅行需要が高まる時期であることと、この時期に向けて訪日旅行プロモーションをかけてきたこと、そして航空路線の新規就航や増便もそれに拍車をかけたとしています。また、今後としては変化する訪日市場の動向をしっかりと分析し、プロモーション活動を進めて行くともしています。

 

中国!韓国!台湾!からの観光客

 

268万人の内訳を見てみると、トップは中国からの観光客で約78万人、次点が韓国で約64万人、その次に台湾、香港、アメリカと続きます。韓国に関しては前年同月比で伸び率が40%と今年の7月の観光客数を押し上げた大きな要因になっています。他にはフィリピン、ベトナム、インドからの観光客が前年同月比で比較的伸びています。一方で最近発展がめざましいとされているマレーシア、インドネシアに関しては断食あけの休暇期間が6月にあったため、7月のみの数字で見ると今年はすこし落ち込んでいます。

欧米からの観光客も今年は増加しました。具体的な国名を挙げるとアメリカ、カナダ、フランス、ドイツなどなど。これらの国々は前年比で7%以上の増加になっており、アジア圏に比べればインパクトは薄れますが飛行機で8~12時間かかるところからのお客様が日本で夏を過ごしてくれていると考えると喜ばしくも思えますね。

 

このように月単位の数字を見れば訪日外国人観光客数はまだまだ増加していることがわかります。民泊市場も盛り上がって行きたいところですね!