これから伸びるAirbnb市場はどこ―?世界的にも注目の沖縄

 

こんにちは!スタッフの高橋です。

弊社は京都だけではなく、沖縄の物件の代行管理も承っています。日本のAirbnbの中でも沖縄はそろそろ梅雨が終わり、これからシーズンでもある熱い場所。今回は沖縄の観光客数の伸びやAirbnbの注目度合いについてお伝えいたします。

 

1.沖縄観光は4年連続で最高記録を更新

2017年4月の沖縄県庁文化観光スポーツ部 観光政策課の発表によると、平成28年度(2016年4月~2017年3月)の観光客数は876万9200人で対前年比83万2900人、割合にしてプラス10.5%の伸びを示しています。

(引用:平成 28 年度 沖縄県入域観光客統計概況 文化観光スポーツ部 観光政策課 平成 29 年4月発表)http://www.pref.okinawa.jp/site/bunka-sports/kankoseisaku/kikaku/statistics/tourists/documents/h28nenndogaikyou.pdf

グラフを見るとどの月も4年連続過去最高を更新しており、国内外ともに沖縄の観光が「アツイ」ことがわかりますね。
那覇空港の第二滑走路もそろそろ完成するので、そうなると今まで以上に観光客の受け入れが進みそうです。

 

2.Airbnb物件数も大幅な伸び

もちろん、観光客の方が全員ホテルや民宿というわけもなく、Airbnb件数も大幅な伸びを示しておりまして….先ほど検索したら沖縄県で306軒ありました。少ないと思いますか?
しかし私が初めて沖縄県を検索した時(2014年)にはなんと27軒だったんです!
ここ2~3年で10倍以上の件数に伸びているというのは驚異的な数字といえます。
観光客数から考えると、Airbnb物件数は足りないくらいではないでしょうか?
2016年1月にAirbnbが世界中のユーザーから調査した結果によると、なんと沖縄は京都を抑えて全世界で2位という結果がでているくらい、注目されているのです。
(ちなみに1位はカリブ海のベリーズシティ、3位はアメリカのジョージア州サバンナ、京都は7位でした)

 

3.沖縄県の中でも人気なのはあの島!

Airbnbの多くは沖縄本島、那覇市の国際通り近辺に固まってあります。
ですが、沖縄といえば青い空と美しい海を希望される方も多く、本島内でも海に近い中部の北谷(ちゃたん)地区をはじめとして、北部や南部などの比較的人家の少ない地域にもAirbnb物件が見られるようになってきました。
そんな中、2017年のゴールデンウイークでは、全国のAirbnbユーザーから人気の訪問先を調査したところ、1位は沖縄県の離島、宮古島という結果が出ています。(2位は鹿児島市、3位は小田原市です。)
宮古島といえば、以前パイロットの訓練に使っていた下地島の空港をリニューアルして富裕層のプライベートジェットや国際線を直接乗り入れする計画があるそうです。(琉球新報:2017年3月9日「三菱地所が下地島整備 空港利活用、星野は条件合わず辞退」よりhttp://ryukyushimpo.jp/news/entry-457642.html)
もしそうなれば、外国人観光客が直接訪れることのできる国際リゾートに変身する可能性もありますね!