スーパーホストにインタビュー! その14~全部自力?それとも代行会社?

 

こんにちは、スタッフの高橋です!
前回「ホスト仲間を作るのが大事」とおっしゃっていたスーパーホストさんですが、ホスト仲間さんとお話をされている中で代行会社のお話しが出たことがあったそうです。
私も代行会社のスタッフとしてドキドキのその内容とは・・・?

 

1.代行会社のサービス内容をよく確認しよう

私がお話を聞いたのは、普段は自宅の空き部屋をAirbnbにしていた方が、たまたま長期旅行に出かけることになり、物件を丸ごとAirbnbに出された時のお話しです。
いつもなら自宅に訪ねてくるゲストについては、自身で出迎えてコミュニケーションを取っていたのですが、今回は自分が不在なのでそれがかなわない。そのため現地の代行会社に委託したのだとか。
結果的にそれが失敗で、ゲストから低いレビューをもらうことになり、その方はスーパーホストの審査から落ちてしまいました。

―ショッキングなお話しですね。具体的には何が悪かったのでしょうか?

自身が忙しかったということもあって、代行会社のサービス内容を細かいところまで確認できなかった結果、ゲストがレビューなどから想像していたサービスがなかったというのが原因だと思います。

 

2.代行会社をお願いする場合は事前に細かく打ち合わせとゲストへの連絡を

例えば、今回の件で鍵の受け渡しサービスについて、ゲストは代行会社まで出向く必要があったのです。代行会社自体は決して不便な場所にあるわけではないのですが、肝心の物件から遠かった。初めての場所なのに、空港→代行会社→物件と移動させられたことが大きくマイナスポイントに転じたと思います。
また、その物件のレビュー自体が、「ホストとの交流が楽しかった」とあったのに、肝心のホストとの交流が不在できなかったことなどもあったかもしれません。
いつも代行会社を通しているということであれば、レビューのサービスに対する評価もそろうのですが、いつもはホストからとなると、きめ細やかなオリジナルのサービスを提供している(本人はそのつもりがあってもなくても)物件ほど、代行会社とのギャップが大きくなってゲストが失望してしまうのです。

正直、代行会社さんの存在はありがたいのですが、やはり新しいサービスということもあって内容はピンキリです。お願いするにあたっては、面倒かもしれませんが担当者の人とお会いして、サービス内容を比較したうえで選択することがポイントになるでしょうね。

 

―なるほど・・より多くのホスト様に選んでもらえる代行会社になるように精進していきたいと思います!
今週もありがとうございました!