スーパーホストにインタビュー!~ゲストに物を壊されたり盗まれたりしたら?

 

スタッフの高橋です。
順調にホスト業をやっていても何らかのトラブルが発生することってありますよね?今回はそんなトラブルについてインタビューしてきました!

―そうですね、私の場合はそもそもゲストと何回かメールのやり取りをしてから泊めるかどうか決めるということをしていたので、そんなにトラブルはなかったと思いますが、皆無ではなかったですね。とはいえ、比較的軽微だったと思います。

 

(1) 破損
最初は結構気張っていろいろおいていたのですが、ある時かなり高価なガラスの花瓶を割られまして・・・「Sorry!」とか書いたメモが置いてあったのですが、いやソーリー言われてもって思ってですね(苦笑)。もし、その花瓶をAirbnb用の調度品として購入したのであれば、領収証を持ってAirbnbに請求したと思いますが、もともと家にあったものでしたから、これは泣き寝入りしました。もともと私のリスティングにそこまで高価な調度品は必要なかったのです。でも、余談ですが花瓶はたまにお花を買ってきて飾るゲストがいたので重宝していました。置いた方が良い備品だと思います。

 

(2) 盗難
私が遭遇したのはそんなに悪意ある盗難ではないですが・・・ガイドブックはよく持っていかれていましたね(笑) 英語版のガイドを取り寄せしておいていたのですが、見た目がパンフレットと紛らわしかったからでしょうか。それからは観光案内やレンタカー会社で出している無料のパンフをもらってきて取っておくようにしました。

 

(3) 紛失
一番参ったのがコレで、鍵をなくされました・・・なくされないように大きなストラップを付けていたのですが、あまり役立たなかったようで。その後帰国したゲストが「荷物の中にあったから送る」とメールをくれてホッとしたのですが、これが最後の連絡で、その後はなしのつぶてに。Airbnbに間に入ってもらっても完全無視で真相はわかりませんが、結局は鍵を全交換することに。しかし不幸中の幸いはAirbnbに鍵交換代金を負担してもらえたことです。

 

この最後のAirbnbが保障というのは、全てのケースに当てはまるかは断言できませんが、ゲストとのやり取りの履歴がメッセのやり取りではっきりしていたことと、金額が比較的安価だったことも幸いしたのでは?とおっしゃっていました。

上記(1)~(3)に該当する事項が起こったらすぐにAirbnbに連絡して対応について相談してみることがカギだそうです!臆せずに連絡してみましょう!