過去最高を更新!2016年の訪日外国人数は2400万人に

 

こんにちわ!スタッフのやっちです。

さて、訪日外国人のニュースでいま特に話題になっているのが、その観光客数です。政府の発表によると、2016年の訪日外国人観光客数は過去最高を更新し、2400万人超となったそうです。これは民泊事業を行う人にとって、非常に喜ばしいニュースですよね。
しかしこの2400万人という数字はどのような経緯で達成されたのでしょうか。また今後の訪日外国人数はどのような動向を見せるのでしょうか。

まずこの「訪日外国人数2400万人超」の背景にはアジア各国とのクルーズや航空路線の増加、ベトナムや中国からの旅行者向けのビザの発給要件の緩和、そして外国人旅行者に対する免税の拡充があるとされています。アジア、中国ビザ、免税と聞くと「爆買い」を想起してしまう人も多いかもしれませんが、最近では爆買い目的の観光客は減ってきており、代わりに温泉に入ったり花見や紅葉を楽しむといった体験型に注目が集まっているそうです。
それもあってか、以前までは東京、京都、大阪といった都市圏(ゴールデンルートとも呼ばれた)に集中していた外国人観光客が地方に訪れるという傾向も見られたそうです。

そして今後の訪日外国人数の動向ですが、政府としては「2020年に4000万人」という目標を掲げているようです。
具体的には港や空港のインフラ整備、地方の観光資源の掘り起こし、クルーズ船の受け入れ、富裕層向けのプロモーションの拡充を狙って行っていくとのこと。観光を成長戦略の一つに掲げている政府としても、インバウンド増加策に積極的に取り組んでいくでしょう。
またアジア周辺はベトナムや中国の他にもタイ、インド、インドネシアなど経済発展途上の国がいくつもあります。これらの国は人口が多く、中国に次ぐインバウンドブームを作り出していくかもしれません。
それに加えて、外国人観光客にとっては嬉しい円安の期待もあります。

2017年の訪日外国人数の動向には目が離せません。