「ゲストがスムーズにチェックインできない」ことは少なくない

こんにちわ、スタッフのやっちです。

民泊ビジネスに挑戦してみようかなという方へ「民泊代行サービス」を利用するメリットを、発生しやすいトラブルも交えて紹介したいと思います。

最近、周囲でも民泊ビジネスをやってみようかなーという人が増えてきたように思います。
しかし、個人で民泊ビジネスを行っている人や、ゲストハウスのオーナーさんが揃って口にするのが「ゲストがスムーズにチェックインできなくて・・・」という悩みです。

民泊やゲストハウスの場合、ゲストはほとんどが外国人です。
訪日外国人の方は不慣れな土地で駅から宿泊先までの道で迷ってしまうこともあります。
また「○時に宿泊先に到着します」と話を聞いていても、約束時間にゲストが来ない場合も多くあります。
そうなるとチェックイン日の当日に、急に電話がかかってきたり緊急のメッセージが届き、対応に奔走しなければならないという事態も少なくありません。

そんな時に頼りになるのは民泊の代行です。
個人で物件を管理してゲストとのやりとりもして・・・となるとゲストとの事前の連携が十分に取れず、当日に慌ててしまうことも想像に難くありませんが、代行を依頼しておけばそんなゲストとのやり取りもしっかり行えます。
ゲストが迷うことが無いように十分な説明を行うことだってできます。

そして万が一、ゲストが当日の約束の時間に現れなくても代行に依頼をして対応することができるので、慌てる必要がありません。
民泊は手軽に始められる副業、資産運用として注目が集まっていますが、相手はあくまで人です。
予想もしていなかったトラブルが起きることは稀ではありません。

しかし訪日観光客数の増加はまだまだ見込まれています。

そんな柔軟な対応が求められながらも伸びしろのある業界でビジネスを行うのであればサポートは多いに越したことはありません。
せっかく日本を訪れて自分の所有する宿泊先を選んでくれたゲストの方を心からもてなしてあげるためにも、余裕を持った運営スタイルをオススメします。