Airbnb独自のコミュニティを活かした援助活動

 

パリの同時多発テロを受け、緊急災害支援ー被災者無料サイトを開設する、Airbnbの迅速な援助活動が報じられていましたのでまとめました。

 

11月12日から14日まで、Airbnbの拠点であるサンフランシスコ以外では初めて開催される『Airbnb Open』ホスト向けのカンファレンスがパリで行われ、

今後の展望やサービスについて共有しお互いのビジネスをさらに飛躍させるための交流の場として開催されていましたが、14日は中止になりました。

 

そしてチーム一丸となり、Airbnbのスタッフ、6000人のカンファレンス出席者やパリ在住のホスト、ゲストの安否確認を行い、事件現場となった地域が封鎖されたため帰宅できなくなった方などの被災者向けに、無料で家を開放できるホストを募りました。

 

援助活動は今回だけでなく、ニューヨーク州ハリケーン・サンディでの被災者へ家の無料開放、ネパール大地震での募金活動など、様々な災害に対して支援しています。

 

Airbnbは独自のコミュニティを活かした多くの支援活動により、社会貢献度を高め信頼性を確立しつつあります。

 

 

 

【参考サイト】

engadget

http://www.engadget.com/2015/11/15/airbnb-paris-attack-portal/

SF WEEKLY

http://m.sfweekly.com/thesnitch/2015/11/13/breaking-terrorist-attacks-in-paris-during-airbnbs-open-conference

BAY AREA

http://www.nbcbayarea.com/news/local/Hunkered-Down-SF-Airbnb-Conference-Attendees-Describe-Chaos-in-Paris-Amid-Deadly-Attacks-348015931.html